こまめに日焼け止めを塗り、お家に帰ったら冷やす

こまめに日焼け止めを塗る事は、学生時代はあまり実行してなかったのです。でも、社会人になって肌の調子を気にする事が多くなり、どうしようか悩んでいました。

また、キャンプや海、山登りの時はどうしてもいつもより焼けてしまいます。しかも、わたしの場合は日焼けをすると肌が突っ張るような感じになり、とても不愉快な気持ちになりました。社会人になってからようやく、日焼け止めをこまめに塗るのを実行しました。すると、本当に焼けた感が違っていて、効果を感じられました。それから塗るタイプとスプレータイプと使い分けながら、こまめに日焼け止めを利用するようにしています。

また、肌が突っ張る対策として、その日のうちに肌を冷やすのを実行しました。これがわたしには合っていて、後日肌がつっぱらなくてよかったです。飲む日焼け止めがあることを初めて知りました。
飲んで効果がでるのか、不思議です。

コラーゲンなどは飲んだ方が効き目が速いので、その類いなら、飲む日焼け止めは即効性があるのかなと思います。
でも、即効性がなく、毎日飲み続けなければいけないのであれば、塗るタイプもしくはスプレータイプの方がコスパがいいので、多分買わないと思います。

日焼けで黒くなりやすいので日焼け止めとUVカットの服を着ている

日焼けするとすぐ肌が黒くなってしまいます。日焼け止めを塗ってもあまり効果があるような気もするので、UVカット機能の服を着たりするようにしています。

UVカット機能の服が良いとテレビやファッション系のメルマガで春から夏に聞くので、「少なくとも効果がある。日焼け止めを塗ればさらに効果が上がるのでは?」と思い併用しています。

自分の日中の活動にあった強さの日焼け止めをムラなく塗ります。スプレータイプは、ムラができるような気がするのでクリームやジェルタイプを塗るのが一番だと思います。そして、UVカット機能の服ですが、白などの淡い服でも大丈夫だと思うのですが、私は出来るだけ日焼けをしたくないので黒い服を選んできています。ただ、熱が籠もりやすいので、熱中症には気をつけないといけません。飲む日焼け止めで、本当に日焼けしないのか疑ってしまいます。

何も肌につけないで本当に日焼けしないの?と思いますが、本当に日焼けしないのなら使ってみたいです。日焼け止めを塗ることが面倒に感じることがよくあるので、飲む日焼け止めを飲むだけなら、塗る手間が省けますし肌への負担も少なくて済みそうで魅力的に感じます。

例年通りこげこげになっちゃう私の肌をどうにかして

毎年早い段階から日焼け止めを塗って過ごしているにも関わらず、必ず焼けてしまうので途中で諦めてしまいます。毎年「今年は頑張るぞ」と思い、新たに日焼け止めを購入したり日傘を買いますが、8月になったら黒くなって諦め半分になります。実際のところ日焼け止めは塗るけど汗で流れてしまって、塗りなおせない時に他の人はどうしているのか気になります。 直接紫外線に当たらないように肌を覆うアームカバーや、陽射しを遮る帽子、日傘をさすなどの徹底をして焼けない対策をしたり、日焼け止めを塗りなおせる時間を作る、もしくは飲む日焼け止めを使用すると良いのではないかと思います。全く紫外線に当たらないというのは不可能なので、肌が焼けてしまったらその後のケアを怠らないようにすることも大切だと感じます。 塗ったりするよりも肌に負担がかからないのかと思います。美容クリニックでも見かけて気にはなっているものの、体への影響は問題ないのかと考えてまだ使用に至れていません。値段に関しても実のところどのくらいの金額がかかるのか分かっていないです。体に害がなく、効果もしっかりあるのなら高額でも使ってみたいと思います。